沿革

大正13年9月新倉元治が石炭販売を神奈川区星野町にて始める
昭和26年6月新倉石炭株式会社設立
昭和34年11月新倉興産株式会社に社名変更
昭和39年4月新倉興産株式会社にて冷暖房事業開始準備に入る
昭和40年5月新倉物産株式会社設立。冷暖房機器類販売開始
昭和43年6月事業拡大のため、新倉興産株式会社、冷暖房事業部とする
昭和47年7月冷暖房事業部を分社独立させるため、新倉物産株式会社を新倉冷暖房株式会社に社名変更し、初代代表取締役に新倉和治が就任
昭和48年3月資本金を500万円に増資
昭和48年5月神奈川県知事許可 管工事 (般-第3977号)を取得
昭和52年6月資本金を1,000万に増資
新築ビルの空調・換気・衛生工事を主営業品目とする
平成1年7月社名をエヌ・ケイ・テクノ株式会社に変更する
平成2年4月現本社ビル竣工
住宅メーカーのエアコン工事を営業品目に加える
平成3年9月総合設備業として事業拡大のため、電気工事業を取得
平成7年6月横浜市給排水指定工事店資格を取得
平成9年4月新倉和治急逝により代表取締役に新倉俊治が就任
平成9年5月緑園事業所を泉区新橋町に開設
平成10年6月資本金を4,000万に増資
平成15年12月資本金を5,000万に増資
平成16年10月東京事業所を江東区亀戸に開設
平成22年10月東京事業所閉鎖
平成24年7月緑園事業所閉鎖
平成24年7月湘南営業所を藤沢市善行に開設
平成25年4月ISO9001:2008,JISQ9001:2008 品質マネジメント 認証取得
平成25年7月一般財団法人 ヒートポンプ・蓄熱センターよりヒートポンプ・蓄熱システム導入促進に対する貢献により感謝状授与される
平成25年11月横浜型地域貢献企業認定を受ける