SDGsへの取り組み

エヌ・ケイ・テクノのSDGsへの取り組み

【持続可能な開発目標(SDGs)とは】

SDGs(Sustainable Development Goals)は、「持続可能な開発目標」の略称です。2015年の国連サミットにて「世界の全ての人にとってより良く、持続的な社会を実現」するための国際的な目標として「持続可能な開発のための2030アジェンダ」として採択されました。

SDGsは、17ゴールと、各ゴールに関連する169のターゲットから構成されており、世界の全ての人にとってより良く、持続的な社会の未来像を示しています。そして、貧困、差別、気候変動、環境社会実現、働きがいなど、2030年までに我々が解決すべき環境課題と社会課題を提示し、その課題を、先進国・途上国に関わらず、世界の全ての人が解決する様に促しています。

【民間企業との関りについて】

SDGsのステークホルダーとして、政府、自治体、市民、そして民間企業が挙げられますが、SDGs達成のために民間企業は欠かせない重要な存在です。一方、民間企業に於いてもSDGsに取り組むことで、メリットが生まれます。さらにSDGsのゴール・ターゲットは、社会全体の課題も表しており、経済的な成長と社会課題への貢献の両立を実現することが出来ます。

【当社との関り表明】

横浜市型地域貢献企業として社会CSR経営を実践し、そして品質規格ISO9001にて継続的な改善を実施してきた当社は、今回SDGsに取り組み「経済的に持続可能な発展」する地域貢献企業としてさらに前進することを決定しました。

・SDGsのゴール・ターゲットの中には「生活」「教育」「エネルギー」「経済成長」「雇用」そして「イノベーション」というキーワードが含まれており、SDGs達成のために当社もかかせない重要な存在である。
・当社に於いてもSDGsに取り組むことで、従業員の働きがい、満足度を高め多くのメリットが生まれる。
・SDGsのゴール・ターゲットは、社会全体の課題、すなわち社会のニーズも表している。

以上により、これらのニーズを自社の事業と併せて問題解決することにより、経済的な成長と社会課題への貢献の両立を実現することが出来ると考えました。

■目的
社会ニーズを事業と併せて問題解決することにより、経済的な成長と社会貢献の両立を実現すること。

■概要
当社の主事業は、低酸素社会を実現するためにコンサルティリングから提案する設備更新事業です。社員には最善な技術とサービスを教育し、地域社会貢献活動を通して自ら成長して貰います。この一連の事業展開をPDCAサイクル化する事により持続可能な会社となりSDGsに貢献すると考えます。